クロロカーボン衛生協会について クロロカーボンとは? 統計データ 品質規格 関係法令 リーフレット 最近のニュース クロロカーボン衛生協会トップページに戻る


 

CC協沿革

会員リスト

アクセスマップ

 我が国では、塩素系溶剤は昭和7年頃から生産が始まり、それ以来多くの産業分野で使用されてきました。その実績から、その有害性については多くのデータが蓄積されています。それだけに新しい溶剤に較べて未知のリスクは小さく、適正に使用すれば環境への影響は小さく、かつ安全に使用することができます。当協会は、米国及び欧州の業界団体と協力し、塩素系溶剤の安全性および環境影響に関するデータの収集とその適正使用の推進に努めています。

1.

書籍及び小冊子の発行

 

 

塩素系溶剤の適正使用と取り扱いの推進のため、ハンドブックおよびリーフレットを発行しています。
 

2.

適正使用に関する講演

 

 

塩素系溶剤の適正使用に関する講演活動をしています。

3.

有害大気汚染物質排出削減自主管理

 

 

当協会会員との連携を深め、塩素系溶剤の排出削減に努めています。

4.

その他諸活動

 

 

厚生労働省、経済産業省、環境省など行政機関への情報提供及び提案、更には当協会ホームページを通じて塩素系溶剤の様々なデータ掲載、法改正情報、使えるんです塩素系溶剤リーフレットの公開など情報発信を行っています。
これらの情報は、実際に塩素系溶剤をご使用になるお客様目線に沿った内容として、多くの業種の皆様からご好評を頂いております。
 

 

 

 

戻る



Copyright (C) Japan Association for Hygiene of Chlorinated Solvents. All Rights Reserved