クロロカーボン衛生協会について クロロカーボンとは? 統計データ 品質規格 関係法令 リーフレット 最近のニュース クロロカーボン衛生協会トップページに戻る


 

 

クロロカーボンに関する品質規格

 クロロカーボンの品質規格は、日本工業規格(JIS)に定められていましたが、JIS規格の見直し及びISO規格の廃止により、JIS規格が廃止となりました。当協会は平成14年10月に、品質自主規格を定めました。
 規格は、技術の進歩、あるいは社会ニーズの変化とともに改訂されるべきものと考えております。これからもより適切な品質規格になるように努めていきます。



 クロロカーボンの品質規格値は表1−1〜表1−7の通りである。
 

表1−1 JAHCS-01 塩化メチル

 

項  目

品  質

純度 %

99.5以上

不揮発分 %

0.0030以下

酸分(HClとして) %

0.0015以下

水分 %

0.010以下

 

参考

1.塩化メチルの沸点は、−23.7℃である。
2.塩化メチルの比重は、液体(20/4℃)で0.920である。

 

表1−2 JAHCS-02 塩化メチレン

 

項  目

品  質

外観

浮遊物及び沈殿がないこと

色(ハーゼン単位)

15以下

純度(GC)     %

99.0以上

水分  %

0.05以下

不揮発分  %

0.002以下

酸分(HClとして)  %

0.01以下

遊離塩素

試験適合

 


 

表1−3 JAHCS-03 クロロホルム

 

項  目

品  質

外観

浮遊物及び沈殿がないこと

色(ハーゼン単位)

15以下

純度(GC)     %

99.0以上

水分  %

0.05以下

不揮発分  %

0.001以下

酸分(HClとして)  %

0.001以下

遊離塩素

試験適合

 


 

表1−4 JAHCS-04 四塩化炭素

 

項  目

品  質

外観

浮遊物及び沈殿のないこと

色(ハーゼン単位)

15以下

純度 %

99.5以上

水分 %

0.01以下

不揮発分 %

0.001以下

酸分(HClとして)

0.001以下

遊離塩素

検出しないこと

 

参考

1.四塩化炭素の比重(20/4℃)は1.595である。

 

表1−5 JAHCS-05 トリクロロエチレン

 

項  目

品  質

外観

浮遊物及び沈殿がないこと

色(ハーゼン単位)

15以下

比重(20/20℃)

1.460〜1.475

水分 %

0.01以下

酸分又はアルカリ分
 酸分(HClとして) %
 アルカリ分(NaOHとして) %

 
0.001以下
0.025以下 

不揮発分 %

0.005以下

遊離塩素

検出しないこと

蒸留試験
 初留点 ℃
 95vol%留出温度 ℃
 乾点 ℃ 

 
85.5以上
88.5以下
91.0以下 

加速酸化試験
  試験後酸分(HClとして) %

 
0.02以下 

 

加速酸化試験は、金属の蒸気脱脂に使用する製品について適用する。

 

表1−6 JAHCS-06 テトラクロロエチレン

 

項  目

品  質

外観

浮遊物及び沈殿のないこと

色(ハーゼン単位)

15以下

残臭

残臭のないこと

比重(20/20℃)

1.620〜1.630

水分 %

0.01以下

酸分又はアルカリ分
 酸分(HClとして) %
 アルカリ分(NaOHとして) % 

 
0.001以下
0.025以下

不揮発分 %

0.005以下

蒸留試験
 初留点 ℃
 乾点 ℃


120以上
122以下

安定性試験
 銅片腐食量 mg/cm
2

 
0.5以下

 

残臭は、ドライクリーニングに使用する製品について適用する。

 

表1−7 JAHCS-07 1,1,1-トリクロロエタン

 

項  目

品  質

外観

浮遊物及び沈殿のないこと

色(ハーゼン単位)

15以下

水分 %

0.01以下

酸分(HClとして) %

0.001以下

不揮発分 %

0.005以下

遊離ハロゲン (注)

検出しないこと

蒸留試験
 5vol%留出温度 ℃
 95vol%留出温度 ℃

 
71以上
84以下

アルミニウム腐食試験

腐食しないこと

加速酸化試験 (注)
 試験後酸分(HClとして) %


0.02以下

比重(20/20℃)(参考)

1.290〜1.345

1,1,1-トリクロロエタン含有量(参考)%

90以上

 

遊離ハロゲン及び加速酸化試験は、金属の蒸気脱脂に使用する製品について適用する。

 



 

このページのトップへ

なお、日本工業規格(JIS)にはクロロカーボンの試薬に関する品質規格値が表1−8〜1−11の通り定められている。

 

表1−8 JIS K 8161-1996 ジクロロメタン(試薬)

 

項  目

品  質

純度(GC)

99.0%以上

水分

0.05%以下

不揮発分

0.002%以下

酸(HClとして)

0.01%以下

遊離塩素

試験適合

よう素消費物質

試験適合

硫酸着色物質

試験適合

安定剤
 2-メチル-2-ブテン
 メタノール


0.005%以下
0.7%

 


 

表1−9 JIS K 8322-1995 クロロホルム(試薬)

 

項  目

品  質

純度(GC)

99.0%以上

水分

0.05%以下

不揮発分

0.001%以下

酸(HClとして)

0.001%以下

塩化物(Cl)

1ppm以下

遊離塩素

試験適合

アルデヒド

試験適合

ケトン

試験適合

四塩化炭素

0.01%以下

硫酸着色物質

試験適合

ジチゾン試験適合性

試験適合

エタノール(安定剤)

0.3〜1.0%

 


 

表1−10 JIS K 8459-1995 四塩化炭素(試薬)

 

項  目

品  質

純度(GC)

99.5%以上

密度(20℃)

1.592〜1.598g/ml

屈折率n20D

1.459〜1.461

水分

0.02%以下

不揮発分

0.001%以下

酸(HClとして)

0.001%以下

塩化物(Cl)

1ppm以下

遊離塩素

試験適合

二硫化炭素

試験適合

よう素消費物質

試験適合

硫酸着色物質

試験適合

ジチゾン試験適合性

試験適合

 


 

表1−11 JIS K 8666-1992 トリクロロエチレン(試薬)

 

項  目

品  質

純度(GC)

99.5%以上

密度(20℃)

1.461〜1.469g/ml

屈折率n20D

1.477〜1.479

水分

0.01%以下

不揮発分

0.001%以下

酸(HClとして)

0.001%以下

塩化物(Cl)

1ppm以下

アンモニア性硝酸銀還元性物質

試験適合

遊離塩素

試験適合

硫酸着色物質

試験適合

 

 

 

このページのトップへ





Copyright (C) Japan Association for Hygiene of Chlorinated Solvents. All Rights Reserved